土地を貸す運用

もし、自分が使い道を選べる不動産の土地を所有していたらどう活用しますか?
まず、自分でマイホームを建ててそこに住むことに使う方が多いかと思います。しかし自分は家を持っていてその土地を住む以外のことで活用したい。
そんな風に思った時には、定期借地権を利用することが注目されています。

今は土地の不動産価格が下がり続けています。今後も人口が減って過疎化していく場所の土地は不動産価値が下がり続けるのかもしれません。
しかし、土地の不動産価格も底の底まで下がったためこれ以上価値が下がることはないんじゃないか?とも考えられています。
また新しく開発が進む土地やこれから期待されるリニアモーターの駅近くの土地などは不動産価値が上がることも期待されます。

そうなった時に不動産を所有し続けながら活用する方法が借地権利用者を見つけることです。
借地権では、土地を貸すことで借りた借地権者が自分でそこに建物を用意して生活してくれます。
また、その地代を賃料として支払続けてくれるのです。
これまでの借地権では、期間更新でいつまでも土地が返ってこないケースもありました。
しかし、借地権の内容が平生4年に改定されたことによりその期限が限定されて土地は必ず返ってくることが保証されるようになったのです。

what's new

2013/02/28
自由な暮らしを更新
2013/02/28
相続性を減らすを更新
2013/02/28
安定収入にを更新
2013/02/28
資産運用を更新
2013/02/28
借地権を使って不動産運用しようを更新
2013/02/28
ホームページリニューアル